最終調整

空手道武現塾の石塚克宏です。

今日も行って来ました。府中のノーリミッツへ。空手道の補強の為に始めたパワーリフティング。黙々とトレーニングするよりやはり、試合に向けてのトレーニングの方が張り合いが出ます。今日が最終ピーキング。先週まで重かったり、キツイ重量でも今日は予定通り挙げる事が出来ました。順調に進んでいる証拠です(^O^)

空手の試合でも同じだと思います。普段はキツイ稽古を、そして、試合が近づくに従い稽古量を落として疲労を抜いて行く。しかし、稽古量は落としても感覚を鋭くさせ速度を付ける、と言った稽古内容になります。上手く噛み合うと自分の想い通りに身体を動かせ、集中力もかなり高い状態で試合に臨めます。最も、週1〜2回程度しか稽古をやらなかったら直前までやらないとダメですけどね。

話をパワーリフティングに戻しますが普段のトレーニングでは絶対挙げる事が出来ない重量でも正しい指導の元、計画的に行っていけばそれらの重量が挙げられます。私は日本一の指導者の元に指導を受けております本当にありがたいです(^O^) 私もこの指導を稽古に応用して皆さんに提供したいと思っています。

三土手さん、今日もありがとうございました(^O^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です