指導が耳に届く時

空手道武現塾の石塚克宏です。

写真は木曜日の昼間クラスで自主トレの高坂さん。ようやく回し蹴りの際に合格ラインレベルに腰が入るようになって来ました。初心者の時から言っていた事なのですが上手く伝わらなくて出来ませんでした。一度に全てを行う事は出来ませんので少しずつ教えていましたが変な先入観があり私がいくら言っても直らず現状のままでした。先日の木曜日は高坂さんから悩んでいる事を質問してきました。以前から何回も言っていた事ですが私は一言、「軸足を返す。」だけ。それで上手くなり、本人も納得出来る感じに仕上がりました。本人がアドバイスを欲しがった時、その時がチャンスですね。最も何も努力も考えもせずに「上手になりたい。」だけではダメです。私は魔法使いではありませんので。頑張って、頑張って何が足りないのか分からない位に悩んでいる時にワンポイントアドバイスをすると凄く吸収してくれます。何に関してもそうですよね。

高坂さん、次の課題は体幹部の柔軟性ですね。それにはリポーズ。これからも頑張って下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です