改めて実感!超絶!リポーズセミナー

空手道武現塾の石塚克宏です。

今日はノーリミッツで「リポーズという新しい柔軟体操 4スタンス理論で実践!柔軟性向上セミナー」に参加させて貰いました。

リポーズ……見た目とか、初心者はストレッチとどこが違うの?と感じるくらい分かりません。これを一発で凄い!と理解した人は今まで2人だけです。その内の一人は佐和田塾長です。最も分かっていても表に出していなかった人もいたかもしれませんが…。

私はリポーズを習い始めて確か4年になります。2年近く前には知らず知らずのうちにストレッチになっていて筋肉を無理に引っ張り怪我をした事もあります(T_T)  ですので自己流になるのを防いだり自身のリポーズの精度を上げる為にも定期的に習う事が必要です。

まず初めての方は師匠である三土手さんが説明しながらの4スタンスタイプチェック。勉強になります(^_-)-☆

今日のセミナーでは講義と実技で2時間みっちり。身体もしっかりほぐれました(^O^)

改めて凄いと感じたのはリポーズセミナーが終わってからのトレーニングでです。まず、先週のベンチプレスで挙がらなかった重量より今日は更に重量アップしてでも少し余裕を残してクリアー*\(^o^)/*  次に今週の水曜日にやったばかりで疲れが残っているだろうデッドリフト。なので感触だけ調べようとウォーミングアップの重量でバーベルを握りました。するとシャドーデッドリフトをやったかのように、やったのか分からない位に軽い!それで調子に乗りメインセットへ。水曜日より15キロアップでもクリアー\(^o^)/  10キロアップしてのメモリーセットでもクリアーV(^_^)V  本当にリポーズの凄さを改めて実感しました。

空手の稽古では既に実感しております。ある時、道場生の進川さんにじっくりとリポーズをやって貰ってから稽古に参加。ミットを持っていると気のせいレベルでは無く、明らかに蹴りもパンチも格段に強く打てているのです。芯まで打ち抜いている感じでした。これを習慣化したら柔軟な体幹部が手に入り、自身の強さは凄くレベルアップする事でしょう。

このような素晴らしいリポーズなので道場生には是非とも習慣化して貰いたいモノです。

次回は7月28日(土)…。合宿の日ですので参加不可能…(´ω`)

宿題

空手道武現塾の石塚克宏です。

型演武会&ワンマッチは1か月を切りました。今回の大会出場希望者では去年と比較するとですが撃砕部門は多い一方、大極1への参加希望者が少ないです。大極1へ出る子は入賞のチャンスが大\(^o^)/  しかし、ワンマッチになると尚更激減(-。-;  何か間違った指導でもしたんかいな?( ̄ー ̄)  でも、出場する子らには宿題を出しておきました。最も今まで家でやっとけと言ってもやる子は極少数派(-。-;

以前…、大野賢範君や片岡優一君らの時代は宿題を出すと完全にやってきた子がかなりいた記憶があります。そうすると次への課題を与える事が出来ます。しかし、今は家でやらなければならない事をやらない子が多いのです。ですので家でやる事を稽古の時間を使ってやらなくてはいけませんし、意欲が無い状態です。

例えばですが野球で例えるならバットの素振り。これは帰宅してからでも外でも出来ます。素振りをある程度やっていればバットスイングにも慣れてきますしバランスも良くなって来ます。すると少しのアドバイスでフォーム修正が出来ます。これと今回の宿題は同じです。色々な原因があるでしょうが私の指導方法に何らかの問題があるのか考えさせられます。

これと少しだけ似たような話を参議院議員の山田 宏さんの講演会で聞いた事があります。

誰もが知ってる某有名私立大学の医学部の部長と話をしていたら以前に比べて合格者のレベルが低い、と。仕方ないので大学側がお金を出して入学前に一定レベルまで勉強させるらしいです。高校でもっと勉強して欲しい、と大学側。高校で話を聞くと中学で もっと勉強を、と。中学で話を聞くと小学校でもっと勉強を、と。小学校 で話を聞くと幼稚園で落ち着いて席に座って話を聞ける状態にして欲しい、と。幼稚園で話を聞くと親御さんには赤ちゃんの頃に子供をあやして欲しい、あやされた子供は話している人の目をじっと見て集中力がある、との事です。しかし、ある親は「あやすって何ですか?」と(-。-;

世の中がそのようになっているのかなぁ?と思いますが幼稚園の先生の話には共感させれます。ある本でハーバード大学医学部の先生が親にちゃんとあやされた子はオキシトシンと言う物質(幸せホルモンと呼ばれている物質)をたくさん作れる云々の事を書いていました。成人になってからでも生産されるそうですが子供の頃に生産力は付くらしいです。もしかすると、昔よりベビーカー の普及や共働きなどで子供に接する時間が減って来たのが原因の一つかもしれませんね。

話は少し脱線しましたが強くなりたかったら、上手になりたかったら稽古するしかありません。それは大人も子供も同じですね〜。頑張りましょう\(^o^)/

 

 

ご案内。「親子で寺子屋」

空手道武現塾の石塚克宏です。

今日は子供の日。昔は祝日になると学校でも家々でも国旗を揚げていました。しかし、今個人の家では余り国旗を揚げている家は少ないです。私の故郷へ帰っても国旗掲揚しているのは昔からある農家などの古い家だけです。けど、商店街では今でもご覧の通り国旗がズラーと揚がっています\(^o^)/

また昔の道徳の教科書には「国旗はその国の印でございますから、われら日本人は日の丸の旗を大事にしなければなりません。また礼儀を知る国民としては外国の国旗も相当に敬わなければなりません。」と書かれています。当たり前の事ですけどね。

今更ですが私は武道を志す者の一人として自国の事をより一層考えるようになってきました。そのような理由で以前からお手伝いさせて頂いている「親子で寺子屋」のご案内です。

祝日の意味や国旗、国歌の事をやります。前回、祝日の意味の講義は時間の関係で少ししか出来なかったので今回は祝日の意味からやる予定だそうです。

因みに日本の祝日は1年で16日間あり、世界では上位の多さとの事らしいです。

日時は5月27日(日)午前10時~11時30分。

場所は千葉の護国神社で行います。

参加費 付き添いの親は無料。子供一人300円。大人のみの参加可(その場合は寄付金大歓迎です!(^^)!)。

講義終了後は宮司の方から正式参拝のやり方などを教えて貰えます。私は稽古時間真っ最中ですので参加出来ません(T_T) セミナーや講義といったものは同じ内容でも違った言い回しをする場合があります。そこで理解度が違って来ますので本当は聞きたいです。お時間のある方は是非、参加してみて下さい。道場生には後日ご案内メールを出します。道場生以外の方で興味のある方は私までご連絡頂いても構いません。

 

素晴らしい環境

空手道武現塾の石塚克宏です。

5月3日、4日、5日の稽古はお休み。しかし、自身の体を怠けさせる訳には行きません。今日はノーリミッツでベンチプレスのトレーニング。こちらでのトレーニングは本当に勉強になります。他のメンバーのトレーニングを見るだけでも、或いは三土手さんが誰かにアドバイスをしてくれている時なんか自分に当てはまる事がありますのでそんな時は大変貴重な時間です。そんなこんなで予定のトレーニングも無事終了。そして、最後の〆は…。道場移転などで最近やっていなかったタバタ式4分間トレーニング。2か月以上振りでしたので気分が悪くなった位です。しかし、やって良かったです(^O^)   最もスタッフの片岡さんに励まされたので出来たのですがあと少しで挫けそうな位にキツかったです。このように励ましてくれる仲間や大変勉強になる環境。ウチの道場もこのようになるように目指します。

因みに4分間トレーニングは今後も心肺機能向上の為にやって行こうと思います^o^