空手をやりスッキリ(して欲しい)?

空手道武現塾の石塚克宏です。昨日は市民の日で穴川コミュニティーセンターの体育館がバドミントンと卓球に終日開放していた為に稽古が休みとなってしまいました。道場を持たないとこのような事がありますが我慢です<(_ _)>

今日は幕張コミュニティーで少年空手教室から。フルコンタクト大会も近いので普段より組手の時間を増やしてガッチリやろう、と考えましたがやっぱり時間がありません。あれも、これもと考えているとキリが無いです”(-“”-)” 今日のフルコンタクト大会参加希望者は16名中、7名。もっと増やしたいです。

一般部はサクラちゃんのみ(-。-)y-゜゜゜ サクラちゃん、久し振りなのでガッツリは出来ません。けど、なぜかスッキリした顔してましたね。髪を切ったとかそういう問題では無くてです。何でも学校でダンスの発表会が近くて猛練習をしていて発表日は明日との事。だから、猛練習から解放されてスッキリしているのかな?と勝手な想像をしてしまいました。それともダンスの方で運動量が多いので大量の血液が脳に運び込まれてスカッとしている…、とかだったら運動を推進している私としては嬉しいのです。もっと言えば空手の稽古を思いっきりやりスッキリして貰うのが一番嬉しいですけどね。

誰でも運動をするとスカッとすると思います。簡単に説明すると脳に大量の血液が送り込まれるからだそうです。ハーバード大学医学部のジョン・J ・レイティと言う医学博士が鬱やADHDの治療に運動を推奨しています。膨大なデータを集め患者にもやらせて本にしています。博士は著書の中で武術をやった子供の方がより効果があった事を書いてます。素早く反応しなくて行けないからだそうです。そんな訳で私は運動、特に空手を薦めてています(^_-)-☆ 無理しなければ副作用が一切心配無いですからね。まあ、格闘技の場合は多少怪我をする場合もありますけど…。

運動(空手)が精神的安定剤になってくれていれば指導している者としては嬉しい限りです(^◇^)

熱中症?

空手道武現塾の石塚克宏です。

今日は穴川少年クラスで熱中症の初期症状かも?と思われる子が出ました。たった数分の運動でです。実は先月も幕張少年クラスでたった5分しか走っていないのに他の子に比べて尋常では無い量の汗を出し、頭痛がすると訴えた子がいました。今日の穴川少年クラスの子はそこまでに無いにせよ具合がかなり悪そうでしたので冷房の効いているロビーで休ませました。どちらの子も稽古が終わる頃には元気になっていましたので一安心でした。毎年、このような子が何人か出ます。

彼らの共通点。それはずっと一日中、冷房の効いた室内で過ごしていた、と言う事です。体が暑さに慣れていない状態で暑い所での運動。それが原因だと思われます。

それに比べて家庭方針で扇風機のみでエアコンを全くかけない。或いは限定的でしかエアコンの風に当たってない子。そして、サッカーや野球など暑い所で運動をする子は暑さに強いです。

ここ数年の命に係わる暑さですと親御さんも外で遊ばせるのには勇気がいるでしょう。ですが、余りにも過保護になり過ぎると身体の機能が低下しますので適度に暑さに慣れるようにした方が良いと思います。本当は5月か6月から外で遊ばせて暑さに慣れさせた方が良いのですが今からではちょっとキツイです。今からやるのだったら早朝や夕方の気温が余り高くない時に外で活動させる事などや家でのエアコンの使い方を考えた方が良いかもしれません。

私は午前中、比較的時間が取れますのでウォーキングをしています。そして、日中に自宅で仕事をする時は扇風機のみです。エアコンは全く使いません。車の運転中も一人で運転する時は基本的にエアコンは使いません。それで暑さに強いのかもしれません。勿論、その他にも食事は栄養の事を考えてガッチリと摂ってますし睡眠不足にならないように気を付けています。

今日の稽古は中央コミュニティーセンターで昼間クラスから。かなりバテていた高坂さんですが稽古が終わると嘉納治五郎先生の写真の前でシャドーを。まだ、頑張れるじゃん”(-“”-)” バテたふりしてたな?

続いて穴川少年クラス。海宝君、蹴りが綺麗になって来ました。

休憩中はスポットクーラーの前で。

続いて穴川コミュニティーセンターでの一般部は石橋軍団のみ3人”(-“”-)” ですが彼らは頑張り屋なので気合いは充分です。審査を受けれるのだったら是非頑張って欲しいと思います。

暑さ復活 (ー ー;)

空手道武現塾の石塚克宏です。

先週末の台風が去り35度の暑さ復活です(; ̄ェ ̄) こんな事なら被害の無い小さな台風が週1回のペースで来て欲しい気分です。

そんな暑さでも稽古は通常通りなので居るんです。気分が悪くなる子が。昨日の幕張少年教室でも居ました。稽古前の5分間ランニング。それだけで気分が悪いと訴え、明らかに普通では無い汗の量。軽い熱中症ですな。聞いたら一日中部屋に居たと。それも自然の風とか扇風機とかで無くエアコンのみ。その子に比べると外でで遊ぶ子や野球やサッカーをやってる子は暑さに強いですね。それらを考えると今回の軽い熱中症になった子はなっておかしく無い事だったのでしょう。その子は涼しいロビーで塩分と水分補給をさせて稽古は休ませました。

今日の稽古は平日昼間クラスから。中央コミュニティーセンターは恵まれております。他のコミュニティーセンターに比べて扇風機もあり、快適です(^○^)

先週に続き扇風機で涼む高坂さん②

その後はシャルム西千葉少年教室。

今回も精神修行でした(-。-; 正に教育は我慢比べ。これからも頑張ります;^_^A

 

 

楽しみながらの稽古(^◇^)

空手道武現塾の石塚克宏です。

今日の稽古は穴川コミュニティーセンターでの少年部から。雨が降っていない時は外の公園でのランニング。その後は体育館へ移動。ここは換気扇があるので幕張コミュニティーセンターの体育館よりはマシです。また、昨日は台風が近づいているので涼しく助かりました(^○^)  子供達もダラける事無く最後まで稽古が出来ましたので良かったです。特に子供はキツくなると急に集中力が無くなりますので楽しみながらやらせるのも大事な事でもあります。また大型扇風機があれば尚更良いのですけどね(^_−)−☆

今日の一般部では久し振りに本田君が参加。他は木曜レギュラーの武山史奈ちゃんや栗山さん、武田さん、石田君での稽古。大人は頑張ります。強くなりたいと言う気持ちで来てますからね。最低でも週1回の稽古は必要。出来るのなら週2回は稽古した方が強くなります。

脳科学に関する本を読んでいたら、特に年を取るほど運動は大事になって来るそうです。その本の内容を凄く簡単に私的に解釈しますと運動自体は脳に良い影響があり、また、ゲーム性のある運動が脳により良い影響を与え、更にもっと言えば格闘技、打撃(空手)なんかは常に機敏に反応せねばなりませんので身体にも脳にも良い影響があるのですね(^_-)-☆←手前ミソですみません<(_ _)> それも義務感でやるのでは無く、楽しみながらやるのが身体にも脳にも良い影響があるそうです。私も稽古にゲーム性のあるメニュー、楽しみながら強くなるような内容でやって行きたいと思います。皆さん、なるべく時間を作って稽古に参加しましょうねぇ~。

暑さに強い子と弱い子

空手道武現塾の石塚克宏です。

毎日暑い日が続きます。それもニュースなどでは「生命の危機」と言われている程の暑さです。そんな中、昨日の少年部では通常通りの人数が集まり熱い稽古が(^_-)-☆

ここ最近、急成長している渡辺寛太君。今日もウチでは一番身体も大きく力も強い中村秦梧君相手にスピードある攻防での組手。中村君、「早過ぎる」と少し弱音が…。中村君が本気で無いにせよ、それほどまでに言わせるのです。

渡辺君、ナイスブロック。

蹴りも素晴らしい。

その後は一般部でしたがレギュラーの前田さんは残業の為にお休み(´・ω・`) 高校生の小川佳稲恵ちゃんと中学生の志村咲良ちゃんの2人だけ”(-“”-)” 佳稲恵ちゃんは今度の審査で黒帯目指して頑張っているので型をじっくり見ました。一緒に咲良ちゃんも緑帯の基準に合格するように指導。

咲良ちゃんは久し振りの稽古&今日は一日中家で居たせいかバテるが早く、苦しそうでした。逆にコンスタントに来ている佳稲恵ちゃんは全く平気。

少年部でも野球やサッカーなど暑い所で運動をやってる子は暑さに強いですね。全く平気です。逆に一日中エアコン生活を送っている子は今日の咲良ちゃんのように早めにバテます。もっと酷くなると今日の少年クラスでもいましたが気分が悪い、と訴えます。「温室育ち」ならぬエアコン育ちはいけませんな”(-“”-)” 熱中症に気を付けながら適度に外で遊ばせるのが良いでしょう。

高校生の時だったかに保健体育で3歳までに育った環境で汗腺の数が決まると習った記憶があります(間違っていたり、その後、学説が変わったりしたらすみません)。それにより暑さ対する抵抗力が決まる、と。けど、暑さに対しての「慣れ」とか現時点での「対策」も必要ですね。

あと、前日や当日の食生活も大事だと思います。朝食抜きとかですと栄養分が不足しますからね。

夏バテの一番の原因は冷たい物を飲み過ぎだそうです。それで胃腸がダメージを受けて食欲が無くなるからと言う話をテレビや色々な人から聞いた事があります。私は20~30年前にその話を聞いてから昼間はなるべく常温の水分を摂るようにしています(夜は冷えたビールですが…!(^^)!)。その事を実践してから夏に食欲が無くなった事はありません。暑くてもちゃんと規則正しく食事を摂るようにしましょう。

佳稲恵ちゃん、ナイスキック!この調子で頑張れよ~。

 

 

今年も熱中症と水中毒のお知らせ

空手道武現塾の石塚克宏です。

毎年お知らせしておりますが熱中症に関する記事です。

簡単にご説明すると運動中の水分補給には一つまみの塩を入れて下さい、と言う事です。食事での塩分を摂っていても大量の汗をかいた場合は追いつきません。

下記は去年載せた道場日記です。

熱中症と水中毒

熱中症になったら直ぐに涼しい場所へ移動して安静にしましょう。首、脇の下、股関節の動脈の辺りに氷、無かったら冷たい物を当てて体温を下げると同時に経口補水液をこまめに飲みましょう。意識が無い場合は直ぐに救急車を。

経口補水液はお店でも手軽に購入出来ますので備えて置く事をお薦めします。

もし、常備する前に軽い熱中症になったら自宅でも作れます。水1リットルに対して塩分3グラムと砂糖40グラムとの事です。配合割合は若干違いますけどテレビなんかでも色々とやってますよね。自家製は2週間以内に飲み切った方が良いようです。

 

今、ハマっている牛乳

空手道武現塾の石塚克宏です。ここの所、日記がご無沙汰ですみません<(_ _)>

今度の日曜日がウチ主催の年に一度のフルコンタクト交流試合。この時期ばかりは忙しく仕事してます。結構、テンパってしまう時もありますのでなるべく普段通り、いつも通りに。動きは柔らかくしなやかに。リキんでしまっては何一つ良い事がありませんからね。

さて、最近ですがこの牛乳にハマってます。と言っても私の牛乳の使い道はメインがキノコヨーグルトの原料ですけど…。

この牛乳ですが、もしかすると以前ニュースの特番などでやっていた牛乳かもしれません。北海道豊富町のサロベツという所で作っているようです。

牛乳は道場帰りで夜遅くまで開いている「ウエルシア」で買ってます。いつも買う168円(←安い!)の牛乳が売り切れ(T_T) 残っていたのが最近入荷したこの牛乳。飲んでみると風味があり美味しいです(^◇^) 久々のヒット。これなら20円高くとも全く気になりませ(^^)/ 今日も安い牛乳は売り切れでサロベツ牛乳だけがたっぷり残ってました。みんな、牛乳なんて同じ味だと思って安い牛乳を買っているのでしょうね。しかし、この味が知れ渡ったら道場帰りでは売り切れて買えなくなるのが心配です(´・ω・`)

骨格で動く

空手道武現塾の石塚克宏です。

空手やウエイトトレーニングでは勿論ですが日常生活でも身体を動かす時にはいかに効率的に動かすかが疲れない身体、怪我が少ない身体を保つ事が大事だと思います。

レッシュ理論(4スタンス理論)では骨格を意識して動く事を教えられます。大人になると筋肉に頼り、またトレーニングでは筋肉に効かせパンパンになった状態(パンプアップ)で喜んでいる人もいます。それでは疲れが溜まりますし怪我の原因の一つとなります。まだ、筋肉が無い赤ちゃんがヨチヨチ歩きをする際は軸を作って骨格に載せて歩いています。増してや筋肉に効かせる事なんぞ絶対に無理です。

空手でもウエイト・トレーニングでも力任せの技では限界があり効果的ではありません。骨格で打つ、蹴る、挙げる事が重要です。今の日本は便利になり過ぎました。バリヤフリーとか言っていますがあれは本当に身体が不自由な方や身体が言う事が効かなくなったお年寄りが使うものであり、我々健常者が使えばどんどん不自由な身体に近づきます。逆に昔の人は身体の使い方、つまり骨格の使い方が上手だったので下記の写真のように凄まじい離れ業が出来るのでしょう。筋肉はこのおばあちゃんより私の方があると思いますが米俵5個=300㎏を担ぐのは流石に無理です。負けます(T_T) あるお医者さんが言っていました。「階段は最高の薬だ。」と。97歳のお婆ちゃんが言っていました。「便利は不自由な体を招く。」と。私はモバイルゲームは癌だ、と言いたいです。皆さんも軸を整え骨格を意識して動いてみましょう。

参考資料

http://syokutokenkou.cocolog-nifty.com/blog/2009/02/post-6470.html

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/46027

 

体の中のお掃除

空手道武現塾の石塚克宏です。

パワーリフティングの大会も終わりあちこち痛い体は快復に向かっております。しかし、出力が強いトレーニングや稽古は出来ません。

そんな時はコールドプレスジュースによる「クレンズ。」

ノーリミッツのスタッフの高橋さんから教えて頂いたファスティング(健康断食)のようなものです。お陰で花粉症は完治した感じですし体調も凄く良いです。YouTubeなんかではガンも治る、なんて言ってます。本当かどうかは分かりませんが確実に血管系とアレルギーには良いようです。アレルギーは腸内環境によるものが大きいとの事ですからね。そのお陰で花粉症が治る人が多いのでしょうね。

あと、良い事としては肌がツルツルになるようです。私はツラの皮が厚いので分かりませんけど(^^)/ 次に体重が減る。私の場合は増やしたいんですけどね。今回はクレンズの本番1日でしたが4㎏減りました(´ω`) 有害物質は脂肪に溜まるそうですのでその事を考えると良いのですけどね。そして、体調が良くなる。体が軽く本当に快調です!(^^)!

人類の歴史年表を100mにすると現在のように制限無く食べられる時代はほんの1mmにも満たないらしいです。特に今の日本の食事は欧米化されて本来の日本人の体に合わない物の食い過ぎですから気を付けねば(´・ω・`)

クレンズですが今は減量の必要な選手はおりませんがそのような選手が出てきたら教えて行きたいと思います。また興味のある道場生にも教えます。

昨日の一般部の1部。千葉君と馬場君だけ “(-“”-)” セミパーソナルレッスンのような感じです。ディフェンスがしっかりしていなかったのでそこの所を重点的に行いました。しかし、10年位経つのに緑帯の馬場君。甘えてばかりいないで早く黒帯目指せよ!

 

老化を遅らせる遺伝子

空手道武現塾の石塚克宏です。

一般的にはお盆明けの会社がほとんどだと思います。私は休みを利用してクレンズ。ファスティング(健康断食)とは少し違いますが食事制限はします。そして、今日から通常食。食事の有り難みが本当に良く分かります(^ ^)

さて、タイトルの老化を遅らせる遺伝子の件です。諸説あると思います。その中でご存知の方も多いと多いと思いますがサーチュイン遺伝子の事です。その遺伝子は通常はスイッチがオフ状態。それをオンにするには食事か運動によるカロリー制限です。それなので飽食の今の時代はほとんどの方がオフ状態。以前、NHKやCBSドキュメントと言う番組でやってましたが標準カロリーの食事と30%カットした食事を与えたサルのグループ実験です。標準カロリーの方は高血圧、ガン、脱毛、肌 がガサガサなどがありましたが30%カロリーカットのグループはそれらがほとんど無かったように記憶しております。

まとめると腹七分目と言う事なんですね。それか、我々だったら思いっきり稽古しろって事ですね(^_-)

下記は本文とは関係ありませんが 休み明けの木曜日から黙々とウエイトトレーニングに励む園田君です(^ ^)