TOP 武現塾とは? 入門案内&時間帯 アクセス 試合結果
1日無料体験入門 写真集 道場日記(目標週3回) 出来事 支部紹介
一般部稽古風景
初めてでも大丈夫ですか?最近運動をしてないので体力に不安なんですが・・・。武現塾ってどんな所?などの疑問にお答えします。


Q、武現塾はどこの流派ですか?

A、よくある質問ですがフルコンタクト系(直接打撃製)の空手では通常、○×流等とは言いません。塾長の佐和田亮二の前身は大道塾の千葉支部長で全日本北斗旗中量級を3連覇しており現役引退後、大道塾を脱退、独立して稲毛道場を設立しました。そして、2009年4月に武現塾として改名いたしました。


Q、どのような稽古をしているのですか?

A、まず、基本稽古から始まりまして移動稽古かサンドバッグ、約束組手、自由組手と進みます。その後、腹筋、背筋等の体力補強。最後に型の稽古を行って終わりです。流れとしてはこのような感じで稽古をしております。その後の自主トレは自由です。


Q、どのようなルールで組手を行っているのですか?

A、何回か基本、防御等を学んだ後、足や肘にサポーター、手にはパンチング・グローブ(薄いグローブ)を着用しまして初めは顔を手で叩かない、蹴りは自由(初心者は蹴りも限定)なルールで行います。少年部は黒帯になっても顔への手の攻撃は禁止です。一般部は中級(4級)以上に進んでから16オンスグローブ、ヘッドギヤー、マウスピースを着用して手、足による上段、中段、下段の攻撃も可能な(K−1のような)ルールでおこないます。


Q、初めてでも大丈夫ですか?

A、全く問題ありません。大丈夫です。経験の無い人の方が圧倒的に多いです。安心してください。(一日無料体験入門の所をご参考下さい)


Q、何歳位の方がいるですか?また、女性はいますか?

A、少年部は年少より小学6年生。一般部は中学生から上は71歳までで女性の方も一般部に参加して男性に負けない位に稽古に励んでおります。


Q、武現塾では入門したら試合に出なくてならないのですか?

A、そんな事はありません。確かに試合に出場するのが目的でガンガン練習している若い人達もおりますし、67歳でシニアの試合に出場している方もおりますが健康増進、ダイエット、護身の為と様々な目的で通われている方の方が多いくらいです。決して強制はしません。本人の意思を尊重します。


Q、体力に自信がありません。キツクても最後まで稽古をこなさなければならないのですか?

A、武現塾では本人の体力に合わせて稽古をして頂きます。特に最初は慣れない運動をするのですから何年もやっている人達と同じ稽古は出来ないのが当たり前と考え、出来る所まで無理のないようにやっていただきます。


Q、仕事の都合でどうしても開始時間には間に合いません。途中参加は良いのですか?

A、構いません。一般部では社会人の方が多くおりますのでどうしても遅れてしまう方はおります。ですが来れる時は最初から参加して頂けるのが一番良いと思います。


Q、武現塾はどのような雰囲気ですか?

A、一言で言うと明るい雰囲気を持っていながら追い込んで練習したい人にはガッチリ練習が出来る道場です。一昔前の空手道場と言うと軍隊や体育会系クラブのように、例え相手が年上でも自分の方が先輩だったら呼び捨て所もするような所もあったようですが武現塾ではそのような事はありません。武道の道場と言う性格上、最低限の礼節は守って頂きますがお互い社会人同士(あるいは学生同士)尊重しながら明るく稽古に励んでおります。特に稽古時間以外ではリラックスして空手以外の話で盛り上がっている道場生の方もおります。勿論、自主練習をしている方の邪魔にならないようにしております。基本的に皆、楽しみながら稽古しております。

戻る
幕張少年教室
関東本部少年部
Copyright (C) 2009 bugenjyuku All Rights Reserved.